[利用上の注意とお願い] クマ・サル・ハチなどの生き物

利用上の注意とお願い / Favor in case of useクマ・サル・ハチなどの生き物

クマ・サル・ハチなどの生き物

1)ツキノワグマ

当緑地はツキノワグマの生息域です。棲んではいませんが、しばしば目撃されています。

引き寄せないために

  • エサになるものは捨てないでください。

遭遇しないために

クマの個性や状況などによりますので、以下の点だけ注意すれば安全ということではありません。

  • クマに自分の存在を知らせましょう。
    鈴やラジオなどの音の出るものを携帯しましょう。無い場合、見通しのきかない場所では手をたたくなどします。なお、管理事務所で鈴の貸し出しをしています。また、園内各所に「クマ鐘」が設置されています。森林エリアではシーズンになると、入口2箇所で「クマ鈴」をセルフ貸し出ししています。
  • できるだけ複数名で行動しましょう。
  • クマの活動が活発な早朝や夕方は特に注意しましょう。
  • 足跡や糞を見つけたときは引き返しましょう。

遭遇してしまったら

  • 子グマに出会ったら、そっと立ち去りましょう。親グマが近くにいます。
  • 石を投げたり、大声を出さないようにしましょう。クマが興奮します。
  • 静かに退避しましょう。目を離さずに、できるだけゆっくりと後退します。
  • 走って逃げるのはやめましょう。「逃げるものを追う」習性があるといわれています。

情報提供

  • 他の利用者や周辺地区へ情報提供しています。「いつ」「どこで」「どれぐらいの大きさで」「何頭」「何をしていたか」などを管理事務所まで、お知らせください。

2)ニホンザル

  • 目を合わさないで無視します。
  • 威嚇や石を投げるなどをしてはいけません。なかには(仲間や子を守るため)反撃してくるサルがいます。

3)スズメバチやアシナガバチ

日本では、年20~30人の死亡者が出ているので要注意です。特に8~11月はハチが攻撃的になる危険な期間です。

対策

  • ハチが近づいても手で払ったりしないで、静かにじっとしていましょう。カチカチ音がしたら、スズメバチの威嚇警報です。巣が近いため速やかに逃げましょう。
  • 黒い帽子や黒い衣服は避けましょう。
  • 整髪料や香水はハチを呼び寄せるといわれています。
  • ハチの巣に近づいたり揺すったりしてはいけません。
  • 手で払ったり(しゃがむなど)急に動いてはいけません。

刺されてしまったら

  • 巣の近くであれば、一匹が刺すと他のハチがつぎつぎと刺すので、速やかにその場を離れましょう。
  • すぐに毒を絞り出しましょう。(口で吸い出さず、指でつねって絞り出します。吸引器があれば使用します。)
  • 良く水で洗いましょう。(毒液は水溶性であるため)
  • 体調に異常があれば、速やかに、病院で受診しましょう。特に過去に刺されたことがある人は、アナフィラキシーショックを起こす危険性があります。
    ※抗ヒスタミン軟膏やステロイド剤、タンニン酸水の塗布は、個人によっては副作用があるため要注意です。

4)その他

  • サルやクマに限らず、全ての野生動物に対して餌付けは絶対にしないでください。
    人を襲うようになったり、人間に依存するようになります。「可愛い」あるいは「可哀そう」と思っての餌やりは、結果的にその動物を補殺せざるを得ない状況を生みます。

メニュー

開所時間

8:30~17:15
(管理事務所開所)

閉所日

年末年始

入園料・施設使用料

無料

団体利用

小中学校や幼稚園等の環境学習の場としてご利用ください。人数・駐車場等の詳細は事前にご相談ください。

バリアフリー

  • 身障者用駐車場有り
  • 多目的トイレ有り
  • やさしい園路
  • 車イスの貸し出し有り
  • 補助犬の同伴可

>> 詳しいご利用案内を見る

このページの先頭へ